長期修繕計画とは


マンションの資産価値を良好に保つためには適切な点検と修繕工事により、建物を管理していく必要があります。
修繕工事の費用が不足すると、必要な工事が行えないまま建物や設備の劣化が進行し、将来的に大きな負担が発生する場合もあります。
このようなことのないように、将来必要な修繕工事を計画し、定期的な状況調査をもとに見直し、必要な費用を組合員で積み立てていくものが修繕積立金です。


「長期修繕計画」は管理組合の総会で決定し、運営されます。


大英産業は『30年の長期修繕契約』をご提案


大英産業では『30年の長期修繕契約』をご提案。
資産価値を長く維持するためには負担の少ない適切な積立金の算出を行い、住まいの耐用年数を延ばすご提案をしています。
※国土交通省による長期修繕計画作成ガイドラインでは新築時における計画期間を30年としています。


長期修繕計画立案の流れ


長期修繕計画立案の流れ